映像作家、写真家
藤原次郎 (Jiro FUJIWARA)

兵庫県立但馬技術大学校 情報工学科非常勤講師

1955年、兵庫県朝来市生まれ。
大阪芸術大学映像計画学科卒業。
ビデオプロダクション、建築写真会社勤務後、
2011年に独立。
作品は日本の芸術的表現の一つである「陰影」をたくみに表現し、自然、造形美、生物・人間の営みを感動的に表現することで知られている。

主な受賞歴 2008年 ワールドメディアフェスティバル 金賞&特別賞
「MATSUTANI 1」 2009年 「MATSUTANI 1」モントリオール国際芸術映画祭上映 2013年 ワールドメディアフェスティバル 金賞&特別賞「ある建築の情景兵庫県木の殿堂」(設計安藤忠雄)     ワールドメディアフェスティバル 銀賞「城崎スケッチ」、テリーアワード 「城崎スケッチ」 2014年 日本自費出版文化賞 佳作 写真集「田平線」 2015年 ワールドメディアフェスティバル銀賞「生野スケッチ」 2016年 ワールドメディアフェスティバル金賞「豊岡絵巻」

著書・写真集「田平線」 刊:北星社


www.jiro-fujiwara.com
jiro@rb3.so-net.ne.jp

 

構成作家、映像プロデューサー、ライター
奥村恵美子(Emiko OKUMURA)

1986年 映像企画を主業務とするクリエイティブハウスおくむらを始める。
2004年 日本人の感性、美意識、精神文化を映像化し、日本文化のエッセンスの発掘、発見、発信を行う任意団体JICPを組織。
2008年 美術家松谷武判の映像「MATSUTANI 1」がWorldMediaFestivalで金賞と特別賞受賞。
2010年 日芬共同映像「いつもの風景」WMFで金賞受賞。映文連アワードで企画賞受賞。
2011年 美術家井田照一の映像「Surface is the Between」WMFで銀賞受賞、テリーアワード受賞。
2012年 デザイナー喜多俊之の映像「魂を込めたものづくり」がWMFで金賞受賞。
2015年 日独共同映像「水の記憶」がWMFで銀賞受賞。
2016年 美術家野田正明の映像「創造と対話(Creation through Consultation)WMFで銀賞受賞。
2017年 美術家金子善明の映像「布は第二の皮膚(The Cloth is the Second Screen)WMFで銀賞受賞。
2018年 美術家松谷武判の映像「Matsutani Stream in Venice(松谷 流れ ヴェニス)WMFで銀賞受賞。
(WMFはWorldMediaFestivalの略) ドイツ、アメリカの映画祭での受賞作品は30を超え、海外での上映会は、パリ日本文化会館、在ベルギー日本国大使館、ハンブルク民俗博物館、ハンブルク大学、ストラスブール建築大学、オートサボア建築会館、ハメーンリンナ図書館、ハウホ公民館などで開催。
映像によるコミュニケーションがテーマ。

www.ch-okumura.com
cho@ceres.dti.ne.jp